本文へスキップ

Felice Angeは、かわいい子猫ちゃんの販売を行っております。

お問い合わせはこちらからお願い致します

第一種東京都動物取扱業者登録番号 16東京都販第102289号

Q&A

◆予約・見学・お引渡しについて
Q1・予約の前に他の画像もみたいが、取り寄せは出来ますか?
Q2・予約をするには、どうすれば良いですか?
Q3・予約金は、いくら払えば良いですか?
Q4・見学したいのですが、出来ますか?
Q5・見学時の服装は?
Q6・見学時に必要なものは、ありますか?
Q7・お引き渡し時期は、いつになりますか?
Q8・生体代金以外に、いくら必要ですか?
Q9・お引き渡しまでの流れは、どうなりますか?
Q10・お引渡しまでは、画像などはHPで更新されますか?
Q11・お引渡し時に、持っていくものは?
Q12・お支払い方法は、何がありますか?
Q13・ワクチン前に、引渡しをお願いしたいのですが?
Q14・空輸の日程は、希望出来ますか?
Q15・近くに空港が無いのですが?
Q16・陸送は出来ますか?
Q17・保証はありますか?
Q18・アフターサービスは、どうなっていますか?

◆初めて飼う方
Q19・初めてなのですが、何が必要ですか?
Q20・他のペットを飼っていますが、一緒に飼えますか?
Q21・1頭で寂しく無いですか?
Q22・留守番は出来ますか?
Q23・サークルは必要ですか?
Q24・部屋の温度は、何度くらいですか?
Q25・しつけは、どうすれば良いですか?
Q26・病気や怪我をしたら、どうすれば良いですか?
Q27・ワクチンは必要ですか?
Q28・子猫ちゃんが、お家に来たら、どうすれば良いですか?
Q29・おトイレを失敗したが…?
Q30・一緒に寝ていいですか?
Q31・室外に出して良いですか?

◆初めての多頭飼いの方
Q32・先住猫との会わせ方は?
Q33・多頭飼いは、猫ちゃんにストレスですか?
Q34・どうしてもケンカしてしまうのですが

◆猫ちゃんについて
Q35・去勢、避妊はした方が良いですか?
Q36・食べさせてはダメなものはありますか?
Q37・キャットフードは、どんなものが良いですか?
Q38・ノミが出た!!
Q39・シャンプーは、しないとダメですか?
Q40・ネコちゃんの年齢と人間の年齢を教えて下さい
Q41・猫ちゃんの寿命は?
Q42・何で爪とぎをするのですか?
Q43・しっぽの動きは、何を表していますか?
Q44・性格は、どうすれば分かりますか?
Q45・オスとメスは、どちらが飼いやすいですか?
Q46・何で毛づくろいをするのですか?




Q1・予約の前に他の画像もみたいが、取り寄せは出来ますか?
 A・ご希望の猫ちゃんの種類とNOをお伝え頂ければ、写真を撮影し、メールにてお送りさせて頂きます。

   戻る
Q2・予約をするには、どうすれば良いですか?
 A・生体金額の50%以上を、見学時にお支払い頂くか、お振込にてお支払いをお願い致します。
  お客様都合のキャンセルはお受けできませんので、よく考えてからご予約頂けます様お願い致します。
   ※お振込手数料は、お客様負担にてお願い致します

   戻る
Q3・予約金は、いくら払えば良いですか?
 A・生体金額の50%以上を、見学時にお支払い頂くか、お振込にてお支払いをお願い致します。
   お迎えの1週間前までに、ワクチン代、空輸代金等を含めた全額をお支払い頂いています。
   ※お振込手数料は、お客様負担にてお願い致します

   戻る
Q4・見学したいのですが、出来ますか?
 A・出来ます。お問い合わせより、ご希望の猫ちゃんの種類・NO、見学の希望日と時間をご連絡下さい。
   見学の時間帯は、10時から18時の間でお願いしていますが、都合が悪い場合は、要相談となります。
   見学希望日によっては、見学日程、又は、時間を変更させて頂く場合もございますので、ご了承下さい。

   戻る
Q5・見学時の服装は?
 A・普段着でお越し下さい。猫ちゃんの毛が、洋服に付きます。

   戻る
Q6・見学時に必要なものは、ありますか?
 A・見学時にご予約金と印鑑をお持ち下さい。
   当日、連れて帰る場合は、生体金額等の全額と、キャリーバックをお持ち頂いております。
   ※事前に、連れて帰るかもと、お話頂ければ、総額と用意して頂きたいものを、お伝えします。

   戻る
Q7・お引き渡し時期は、いつになりますか?
 A・生後2ヶ月に1回目のワクチン接種を行いますので、ワクチン接種後1週間前後様子を見て
   子猫ちゃんの状態が問題なければ、引渡し可能になります。
   ※ワクチン前のお迎えは、H25年9月より不可となります。。

   戻る
Q8・生体代金以外に、いくら必要ですか?
 A・生体代金+ワクチン代金(1回¥5,250)+空輸代
   ※事前にご連絡頂ければ、お伝えします。

   戻る
Q9・お引き渡しまでの流れは、どうなりますか?
 A・1回目のワクチン接種が終わり、1週間前後経過している子猫ちゃんは、お支払い完了後、
   直ぐにお渡し出来ます。
   ワクチン前の子猫ちゃんの場合は、ご予約希望を、お問い合わせよりご連絡頂き、ご予約金のお支払い
   完了後、契約書を取り交わします。
   お迎えの1週間前までに、こちらからお伝えする全額をお振込頂きます。
   空輸の場合は、お客様と空輸日程を決めさせて頂きます。
   お迎え日、又は空輸日程を決め、当日、直接お迎えにお越し頂くか、最寄りの空港にて
   お引き渡しとなります。
   ※空輸の場合、事前に見学をお願いいたします。(H25年9月より)

   戻る
Q10・お引渡しまでは、画像などはHPで更新されますか?
 A・HPでの更新は、致しません。
   少なくとも、1週間に1回はメールにて、画像を送らせて頂いております。
   ご希望がございましたら、動画URL(YouTube)も送らせて頂いております。
   お家に行った後は、定期的に写真を送って頂き。ギャラリーに展示していますのでご協力お願いします。

   戻る
Q11・お引渡し時に、持っていくものは?
 A・子猫ちゃんを連れて帰るのに、キャリーバッグをお持ち下さい。

   戻る
Q12・お支払い方法は、何がありますか?
 A・現金で直接お支払い頂くか、銀行振込となります。
   お振込可能銀行(三菱東京UFJ銀行)

   戻る
Q13・ワクチン前に、引渡しをお願いしたいのですが?
 A・H25年9月より、動物取扱法により、ワクチン前のお引渡しは出来ません。
   生後45日以上経過していれば、ワクチン後にお引渡し可能です。
   空輸の場合は、事前に見学を行って頂き、ワクチン後の空輸となります。

   戻る
Q14・空輸の日程は、希望出来ますか?
 A・出来るだけ、お客様のご希望に合うようにさせて頂いております。
   まれに、ご希望に添えない場合がございますので、ご了承下さい。

   戻る
Q15・近くに空港が無いのですが?
 A・お近くの都道府県の空港へお越し頂くか、直接お迎えをお願い致します。

   戻る
Q16・陸送は出来ますか?
 A・動物取扱法により、陸送は不可となりました。

   戻る
Q17・保証はありますか?
 A・ございます。見学・ご契約の契約書内容のPDFを参考にお願い致します。

   戻る
Q18・アフターサービスは、どうなっていますか?
 A・お家に子猫ちゃんが行ってから、暫くはメールにて様子をお伺させて頂いております。
   分からない事、疑問等 ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

   戻る
◆初めて飼う方
Q19・初めてなのですが、何が必要ですか?
 A・まず、賃貸・分譲マンションにお住みの方は、ご自身の自宅がペット可か確認をして下さい。
   ネコちゃんをお家に迎えるまでに、揃えるものは
   ・猫用ゲージ・・・猫ちゃん用の高さのあるゲージをご用意ください。
    狭いところに挟まったり、高いトコに登って降りられなくなったり等による事故防止です
   ・ご飯、お水用のお皿・・・安定感のある物を選んで下さい。
   ・ベッド・・・ペット用のベッドをご用意ください。
   ・ペットヒーター・・・寒い時期は、必要になります。
   ・キャリーバッグ・・・動物病院等、お出かけ時に必須です。
   ・猫トイレ・・・特に規定はありません。当キャッテリーでは、にゃんとも清潔トイレを使用しています。
   ・猫砂・・・当キャッテリーでは、にゃんとも清潔トイレのウッドチップを使用してます。
   ・猫おもちゃ
   ・ブラシ・・・スリッカータイプをオススメします。
   ・耳掃除用品・・・ペット用イヤーローションと綿棒(綿棒は人間用でOK)
   ・爪切り・・・ハサミタイプと、ギロチンタイプが有ります。子猫にはハサミタイプが切りやすいです。
   ・フード・・・オリジンのキャット&キティをご用意ください。
    メインクーンは、1歳半まで、その他の猫ちゃんは1歳まで、あげて下さい。
   ・爪とぎ・・・キャットタワーでもOK
   ・猫用シャンプー・・・必ず、猫用のシャンプーで洗ってあげて下さいね
   ・首輪・・・万が一の時の為の、迷子防止です。小さい頃から慣らしてあげると良いでしょう。

   戻る
Q20・他のペットを飼っていますが、一緒に飼えますか?
 A・一緒に飼うペットによって、違ってきますので、ご相談下さい。
   熱帯魚等を飼っている方は、水槽の蓋がズレないように気を付けて下さい。
   ハムスターや、小鳥等の小動物の場合は、猫ちゃんの本能ゆえ、遊びたくなってしまいますので
   ゲージに入れ、いたずらされない様に気を付けてあげて下さい。ゲージから出す場合は、猫ちゃんを
   サークルに入れておきましょう。
   先に猫ちゃんを飼っている場合は、ゲージに新しいペットを入れ、少しづつ慣らしていきましょう。
   焦ると、必ず失敗します。

   戻る
Q21・1頭で寂しく無いですか?
 A・子猫ちゃんは、1日の大半を寝て過ごします。マイペースで一人でいる時間を苦にしていません。
   飼い主さんが、一緒に居る時に、しっかりとスキンシップを取ってあげて下さい。

   戻る
Q22・留守番は出来ますか?
 A・出来ます。猫ちゃんは、ひとりで居る事を苦に思いませんので、新鮮なお水と、ゴハンは置いていって
   下さいね。長期間(1日以上)のお留守番は難しいので、ペットホテル等に預けましょう。

   戻る
Q23・サークルは必要ですか?
 A・子猫ちゃんなので、目を離したスキに、高い所から落ちたり、コードをかじってしまったりします。
   子猫ちゃんの安全の為にも、留守番時や、夜の間はサークルに入れる癖をつけましょう。

   戻る
Q24・部屋の温度は、何度くらいですか?
 A・夏場、室温が上がり過ぎてしまう場合は、高めの温度(26〜28℃)でエアコンをつけてあげて下さい。
   冬は、ペットヒータがあれば、大丈夫です。地方にもよりますが、寒すぎてしまう場合は、エアコン等の
   暖房機器を付けてあげると良いでしょう。
   最近は、ペット用のこたつも有りますから、使ってあげると暖房費の節約になりますね。
   基本的に、猫ちゃんは自分の居心地の良い場所を見つける事が上手なので、暑ければ涼しい場所へ、
   寒ければ、暖かい場所を探します。夏場は、お風呂場とエアコンの風が吹く場所が人気です(^-^)

   戻る
Q25・しつけは、どうすれば良いですか?
 A・例えば、爪とぎを壁でやってしまうとか、テーブルに乗ってしまうとかですよね。
   これをすると、嫌な事が起きると覚えさせるだけです。
   私がよく、お話しているのは、霧吹き(水鉄砲)です。
   霧吹きに、酢を薄めたものを用意し、ダメな事をしたら、「こら」とか「あ〜〜」とか言いながら
   シュッと猫ちゃんにかけるだけです。
   他にも、方法は有りますが、〇〇する→嫌な事があると、猫ちゃんに覚えさせるだけです。

   戻る
Q26・病気や怪我をしたら、どうすれば良いですか?
 A・飼い主さんの不安は、直ぐに猫ちゃんに伝わり、猫ちゃんまで不安になってしまいます。
   ちょっと、おかしいなと思ったら、まずは動物病院に連絡し、指示を仰ぐ事が重要です。
   勝手な自己判断で、大丈夫だろうなんて、ほっておくと大惨事になることも考えられます。
   何かあった場合は、深呼吸し、猫ちゃんの状態をきちんと獣医師に伝える事が大切なのです。
   もしもの時の為にも、信頼できる獣医さんを探しましょうね。

   戻る
Q27・ワクチンは必要ですか?
 A・もちろんです!!ワクチン接種を行うことにより、免疫力も上がり、ワクチン接種をしない事により
   感染症にかかってしまうリスクを軽減出来ます。室内飼いだから、大丈夫。なんて事は絶対にありません。
   1年に1回、定期的にワクチン接種と、健康診断をお薦めします。

   戻る
Q28・子猫ちゃんが、お家に来たら、どうすれば良いですか?
 A・子猫ちゃんを、サークルにいれ、お水とゴハンを上げて下さい。
   移動のストレスと、知らない匂いの中で緊張していますので、2〜3日は構い過ぎないようにしましょう。
   子猫ちゃんが、お家に慣れてきたら、おもちゃで遊んだり、ブラッシングをしたりして、スキンシップを
   初めて頂き、猫ちゃんとの信頼関係を作っていきましょう。
   1〜2週間もすれば、飼い主さんの事が、大好きになって、どこにでも付いてきます。
   足元を、ちょろちょろと走り回るので、踏まないように気を付けて下さいね。

   戻る
Q29・おトイレを失敗したが…?
 A・お家に行ってすぐは、おトイレの場所が分からず、失敗することもあります。失敗してしまったおしっこを
   ティッシュに染み込ませ、トイレに置いておき、1日に2〜3回トイレに連れて行ってあげてください。

    戻る 
Q30・一緒に寝ていいですか?
 A・お家に行ってすぐは、我慢しましょう。
  1〜2週間経ち、お部屋に危険なものがなければ大丈夫だと思いますが、下敷きにしないようにしましょう。
  出来れば、生後4〜6ヶ月経ち、体つきがしっかりしてからの方が、安心ですね。

   戻る
Q31・室外に出して良いですか?
 A・外出は、させないようにしましょう。外は、危険がいっぱいです。
   交通事故・怪我・病気・盗難等、大事な猫ちゃんを守る為にもお勧めしません。
   リードを付けての散歩も必要ありません。
   お部屋で、上下運動が出来れば、猫ちゃんはストレスは感じないのです。

   戻る
◆初めての多頭飼いの方
Q32・先住猫との会わせ方は?
 A・〇まずは、先住猫とは、別の部屋にゲージを用意し、そこに新しい猫ちゃんを入れましょう。
   新しい猫ちゃんには、殆ど構わず、先住猫ちゃんと今まで以上に、仲良くしましょう。
    ※子猫ちゃんの場合は、サークル越しに合わせる事から始めても大丈夫です。
     成猫ちゃんは、子猫ちゃんに優しい子が多いですよ。
   〇2〜3日経過したら、先住猫ちゃんの身体をタオルでこすり匂い付け、新しい猫ちゃんに臭いを嗅がせ
    新しい猫ちゃんの身体を別のタオルでこすり匂いを付け、先住猫ちゃんに匂いを嗅がせましょう。
   〇更に、2〜3日経過したら、先住猫ちゃんのいる、スペースへサークルを移動して下さい。
   〇サークル越しに、生活させ、大丈夫そうであれば、少しづつ新しい猫ちゃんと一緒に過ごす時間を
    増やして行ってください。威嚇したり、噛んだりするような事がなければ、大丈夫です。
   ※先住猫ちゃんを、優先してあげる事を、忘れないでくださいね。

   戻る
Q33・多頭飼いは、猫ちゃんにストレスですか?
 A・1頭で飼うべきだと、おっしゃる方もいらっしゃいますが、
   実際、お互いに遊び相手になりますし、噛みぐせや爪の使い方の学習にもなりますので
   個人的には、1頭で飼うよりも、2頭以上で飼う方が、楽しさも多いですね。
 
   戻る
Q34・どうしてもケンカしてしまうのですが
 A・まずは、避妊・去勢手術をお薦めします。
   特にオス同士の場合は、去勢を行いましょう。オスの縄張りは広く、争いが多いです。
   ケンカをしそうになったら、またたびや、缶詰等で気をそらし、一緒にいたら、いい事があったと
   記憶させます。
   焦らず、ゆっくりと距離を縮めて行くのがコツです。

   戻る
◆猫ちゃんについて
Q35・去勢、避妊はした方が良いですか?
 A・オスの場合は、スプレー防止も含め、去勢をお勧めします。
   メスの場合は、乳ガン等の病気の予防を含め、避妊をお進めします。

   戻る
Q36・食べさせてはダメなものはありますか?
 A・あります。基本的に人間の食べ物は、与えないようにして下さい。
  ○イカ ○タコ・・・消化が悪く、ビタミンB1欠乏症を起こします
  ○香辛料・・・胃炎、下痢等を引き起こします。
  ○塩分・・・肝臓病や、尿路系の病気を引き起こします
  ○ネギ、玉ねぎ・・・猫の赤血球を壊してしまうので、貧血で死んでしまう事も…
   玉ねぎのエキスもダメです。
  ○生肉・・・消化も悪く、感染症の原因にもなります。
  ○甘いもの・・・歯肉炎、心臓病、糖尿病の原因になります。
  ○チョコレート・・・チョコレート中毒になります。嘔吐、下痢。
  ○鶏肉や魚の骨・・・喉や、胃腸に刺さってしまう事が有ります。
  ○あわび、さざえ・・・炎症をおこします。耳が落ちてしまう事も…
  ○青魚、赤魚・・・特にサバやイワシ等の青魚は、黄色死亡症を引き起こします。
  ○牛乳・・・猫ちゃんによっては、消化不良を引き起こします。猫用ミルクを与えてください。

   戻る
Q37・キャットフードは、どんなものが良いですか?
 A・良質の総合栄養食を与えてください。当キャッテリーではオリジンのキャット&キティをお勧めしています。
   安いフードは、毛並みも悪くなり、軟便、嘔吐の原因になります。

   戻る
Q38・ノミが出た!!
 A・ノミは、人間が草むら等に行った場合も、連れて帰ることがあります。
   野良猫ちゃんを触ったり、抱っこした跡にも、洋服にくっついて連れて帰ってしまいます。
   ノミを見つけたら、まずは動物病院へ行き、スポットタイプのお薬を貰いましょう。
   市販もされていますが、効果は病院の薬ほどありません。
 
   戻る
Q39・シャンプーは、しないとダメですか?
 A・長毛種の猫ちゃんは、自分で毛づくろいを完璧にこなす事が出来ませんので、出来ればブラッシングだけ
   ではなく、2〜3ヶ月に1回、シャンプーをしてあげると、綺麗な状態を保てます。
   子猫時代から、定期的にシャンプーを行い、慣れさせて下さいね。
   ○シャンプー前に、ブラッシングを行い、抜け毛を取り、毛玉をほどいて下さい。
   ○爪を切りましょう(引っかれる事があるので)
   ○全身をお尻側から濡らしていきます(温度は38〜39℃、ちょっとぬるめ)
   ○猫ちゃん用のシャンプーで洗っていきます。地肌を洗うように意識してみて下さい
   ○顔周りは、濡らしたガーゼで拭いてあげます。
   ○シャンプーをしっかりと流してください
   (汚れがひどい場合や、抜け毛の季節は2回シャンプーをするといいです)
   ○猫ちゃん用のリンス(コンディショナー)をしてあげてください。
    毛に染み込ませる感じで行います。
   ○リンスをしっかり流してください。
   ○水分を、背中からお尻に向かってしぼりとります。
   ○全身をタオルでくるみ、水分を取りながら、しっかりタオルドライして下さい。
   ○ブラシでとかしながら、ドライヤーをかけ、毛の根元までしっかり乾かして下さい。
    脇の下、股の間、お尻周り等、しっかり乾かさないと、毛玉になってしまいますよ。
   ※高齢や、病気でシャンプー出来ない場合は、暖かくした濡れタオルで、全身を拭き汚れを取り
    濡れた身体をタオルドライしながら、ドライヤーをかけながら、ブラッシングしてあげると良いですよ。

   戻る
Q40・ネコちゃんの年齢と人間の年齢を教えて下さい
 A・諸説ありますので、1例をあげると
   猫ちゃんの1歳は、人間だと、17歳
    猫ちゃんの2歳は、人間だと、23歳
    猫ちゃんの3歳は、人間だと、28歳
    猫ちゃんの4歳は、人間だと、32歳
    猫ちゃんの5歳は、人間だと、36歳
    猫ちゃんの6歳は、人間だと、40歳
    猫ちゃんの7歳は、人間だと、44歳
    猫ちゃんの8歳は、人間だと、48歳
    猫ちゃんの9歳は、人間だと、52歳
    猫ちゃんの10歳は、人間だと、58歳
    猫ちゃんの11歳は、人間だと、60歳
    猫ちゃんの12歳は、人間だと、64歳
    猫ちゃんの13歳は、人間だと、68歳
    猫ちゃんの14歳は、人間だと、72歳
    猫ちゃんの15歳は、人間だと、76歳
    猫ちゃんの16歳は、人間だと、80歳
    猫ちゃんの17歳は、人間だと、84歳
    猫ちゃんの18歳は、人間だと、88歳
    猫ちゃんの19歳は、人間だと、92歳
    猫ちゃんの20歳は、人間だと、96歳

   戻る
Q41・猫ちゃんの寿命は?
 A・生活環境によって、大きく変わります。野良猫ちゃんの寿命は短いのです。
   完全室内飼いで、きちんとした食事をとっていれば、20歳を超える子もいます。
   平均的な寿命は、12〜15年が多い様です。

   戻る
Q42・何で爪とぎをするのですか?
 A・猫ちゃんが、爪とぎをするのには、理由がいくつかあります。
   ○爪のお手入れ…猫ちゃんの爪は層になっており、爪を研ぐ事により、外側の古い爪を剥がしています。
   ○マーキング…自分の臭いを付ける為
   ○ストレス解消…怒られたり、嫌な事があったりすると、爪とぎをし、心を落ち着けています。
   爪をとぐのは、前足だけで、後ろ足は歯を使ってはがしますが、やらない子もいます。

   戻る
Q43・しっぽの動きは、何を表していますか?
 A・基本的な表現のみ、記載しますが、猫ちゃんと長く一緒にいれば自然と分かってきますよ。
   ○ピンと尻尾を立てる…甘えたい時、ご飯前等
   ○毛を逆立てる…興奮した時・ビックリした時・恐い時等
   ○大きく左右に振る…イライラしている時
   ○ゆっくり左右に振る…リラックスしている時
   ○しっぽを立て、先だけ動かす…何かを見つけた時
   名前を読んで、めんどくさそうにちょいちょいと尻尾を振ったりしますよね。
   よく観察していると、お家の猫ちゃんともっと仲良くなれるかも知れませんね。

   戻る
Q44・性格は、どうすれば分かりますか?
 A・猫ちゃんの性格は、育った環境と遺伝子で決まります。父猫の性格よりも、母猫の性格を受け継ぐ場合が
   多いようです。新しく猫ちゃんを選ぶ場合は、母猫ちゃんの性格を見るのが良いのではないでしょうか?
   育つ環境は、母猫や兄弟と一緒に生活し、十分なスキンシップを取っているかどうかなので、抱っこを
   してみて、大人しくお腹を見せて抱かれる子猫ほど、人懐っこく飼いやすいと思います。
   兄弟で遊ぶことなく育った子猫ちゃんは、飼い主さんの手を強く噛んだり、引っ掻いたりします。
   猫ちゃんは、遊びのつもりが、加減が分からないから、噛んだり引っ掻いたりしてしまうのです。

   戻る
Q45・オスとメスは、どちらが飼いやすいですか?
 A・どちらが飼いやすい飼いにくいという事は、ありません。
   オスの性格は、活動的で甘えん坊が多く、身体もメスより大きくなる事が多いです。
   去勢をしないと、スプレー(おしっこ)をしますが、去勢をする事で、抑えられます。
   早い時期に去勢をオススメします。去勢をすると、さらに甘えん坊になりますよ。
   メスの性格は、ちょっとクールでわがままな所が有り、気分屋さんです。
   身体は、オスよりも小さい事が多いです。

   戻る
Q46・何で毛づくろいをするのですか?
 A・毛づくろいにも、いくつかの理由があります。
   ○身体を綺麗にする為
   ○安心する為(母猫に舐めて貰う事によって安心するので、自分で舐めて緊張をほぐしています)
   ○体温調節(猫は殆ど汗をかきません。身体を濡らして体から熱を放出し、寒い時は保温しています)
   ○ビタミンDを接種(日光浴をし、皮膚でビタミンDを合成しています)

   戻る











shop info店舗情報

Felice Ange

〒1760022
東京都
TEL.080-3487-7222
FAX.